Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げない?実際の収入と稼ぐ方法を紹介!

Uber Eats副業

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、「食事の配達形式」の形態の一種のことです。2018年時点では150以上の提携レストランの食事を家に居ながら受け取ることができます。

そしてこのUber Eatsが注目を集めているのは食事の宅配だけでなく、好きな時に自分の働きたいタイミングで仕事ができる点!

普通の配達のアルバイトであれば、毎週決まったシフトに入らなければなりませんが、Uber Eatsでは自分の任意のタイミングで稼働することができます。

そのため、お金は欲しいけど決まったシフトで働けない正社員や、スキマ時間でしか働けない子育て中の主婦、などの副業や不定期アルバイトとしての需要があります。

ただ一方で「Uber Eatsは稼げない」という口コミを見受けられます。

本記事では、Uber Eatsの配達パートナーとして200回以上稼働している私が、Uber Eatsのリアルな稼ぎと稼ぐための方法を解説します。

結論から言うとUber Eatsはやり方さえちゃんとすれば稼げます!

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、上述でも触れたとおり、フードデリバリーサービスです。スマホアプリから自分の周辺のレストランのメニューを注文するだけであなたの自宅へ美味しい食事を届けてくれます。

このサービスが既存のピザデリバリーなどと違う点は、配達をする人がレストランの従業員ではないということ。

簡単に説明すると、Uber Eatsは配達パートナーである個人事業主とレストランをマッチングさせることにより、食事の配達を行っています。

そのため、レストラン側は配達専門の従業員を雇ったり、備品を用意する必要がありません。Uber Eatsに加盟するだけでOKなのでコストの関係上デリバリーサービスを行えなかった個人レストランも参入できるようになりました。

ユーザーのメリットとしては、「フードデリバリーの選択肢が増えること」「お店に行くと行列に並ばないといけない人気店のメニューを、行列に並ばず食べられる」などがあります。

また、我々配達パートナーとしては、好きなタイミングで稼働できるので、スキマ時間の副業として活動できます。

 【まとめ】

  • ユーザー・・・食べたいものを好きな時に注文。行列に並ばないといけないお店の食事を取り寄せることも可能
  • レストラン・・・注文が入ったときに配達パートナーに稼働してもらうので、配達専門の従業員を雇わないで済む
  • 配達パートナー・・・好きな時間にスマホと自転車(原付)で、副業ができる

まさしく三方良しというビジネススタイルです。

Uber Eatsは稼げない?リアルな収益報告の口コミ

ご存じの方も多いと思いますが、Uber Eatsは1件当たりの配達に対して報酬が発生します。何時間働いたら〇〇円という時給制ではありません。

そのためブーストと呼ばれる特別報酬が発生する配達や、自分が慣れている地域、注文が沢山発生する地域、速度が速い乗り物を使うなど工夫をすれば、1時間当たりの単価(時給)をアップさせることができます。(反対に稼げないケースもあります)

世の中には日に数万円稼ぐ人もいるので、やり方やコツ、得意ルート開拓次第では、本業を超える収入に化ける可能性もあります。

実際に稼いでいる人たちの口コミを集めました。

Uber Eatsで稼いでいる人①「あそこTV様」

初日に10時間働いて9,800円、時給換算すると957円という金額です。(配達回数は14回)

私と同じく初日なので、勝手が分からない様子だったので、やり方次第ではもっと稼げそうです。

Uber Eatsで稼いでいる人②「プロ無職TV様」

動画では配達パートナーをしている2人にインタビューしています。

  • 1件当たり470円
  • 移動距離は1km辺り150円
  • ブースト料金:需要のある地域や時間帯では報酬UP

の3つの要素で決定すると話しています。

15時間ぶっ続けで21,345円(32件配達)したそうです。「体力的にはきつかったけど、好きな自転車に乗って、特別なスキルがない人が稼げるなら全然悪くない」と動画内では話していました。

さらにマイペースでできるので1時間1件ペースでも問題ありません。

Uber Eatsで稼いでいる人③「いちちゃんねる【1channel】様」

10回配達して5,830円で、仕事がない入っていない時間などを含めて15時間オンライン状態にしていました。

Uber Eatsは2018年4月にスタート、上記の動画は2018年6月とサービススタート初期であったため認知度が低く利用者もいなかったため、依頼が少なかったこともあり、そこまで稼げていませんでした。

現在ではだいぶ増えたので15時間もアプリを起動していたらもっと依頼があり稼げたと考えられます。

動画のだいちさんは、「自由な時間で働くことができる」「4個配達すれば2,000円になるので、サクッと稼ぐことができる」というが魅力だと語っています。

Uber Eatsで稼いでいる人④「Uber Eats東京Mr.k様」

土日で40,000円~50,000円稼がれているようです。

Uber Eatsは副業のようですが、ここまで稼がれてるともはや副業とは言えないですね・・・・私も頑張りたいです。

Uber Eatsで稼いでいる人⑤「蝶ネクタイ様」

11時間31件で20,000円を超えを達成。後述の稼ぐコツ部分でも記載いたしますが、やはりエリア選びは大事!

Uber Eatsで稼いでいる人⑥「たいち様」

11回配達して6,161円です。20代のサラリーマン(年収300万円前後)を時給換算すると8,000円台らしいので副収入でこれだけあれば生活はものすごく豊かになります。(たいち様は学生のようです)

Uber Eatsで稼いでいる人⑦「たか様」

神奈川県川崎市をメインにUber Eatsの配達をされている方。同じ配達パートナーの方に挨拶されたら無視されたという悲しいお話がありますが、アプリを起動して3時間50分で4,500円を売り上げています。

時給で考えたら1,000円超えているので十分だと感じますが、「川崎の平日は結構シブイ」とか・・・・

その他Uber Eatsで稼いでいる人たち

Uber Eatsで稼げなかった!初回配達はまさか時給換算500円!?

ここまで羽振りの良い話をしていましたが、正直な話をすると私がUber Eats(ウーバーイーツ)デビューをした初回配達は時給換算して500円でした。

ただこれには言い訳があります。

稼げなかった理由①:テンパった

登録会での対面の説明や頂いたガイドブックを読み込む等、事前準備をしたのですがいざ宅配をしたらテンパってしまいました。

アプリの操作で上手くいかず、Uber EatsのアプリとGoogleMAPの切り替えで苦労したり、配達先のお客さんの住所が分からなかったり、と思い返してみもかなりテンパってしまいました。

実際の配達も、自分の生活圏の地域ではあったのにも関わらず、背中に大きい配達バッグを持っていることもあって歩行者や他の自転車に気を使ってスピードを出せませんでした。

稼げなかった理由②:自転車がボロボロのママチャリ

↑最初に使っていた写真です。ママチャリなので元々スピードはそこまで期待できないことに加えて、見ての通りところどころサビがあるくらいボロボロです。

必死に漕いでも全然進まない上に、ギコギコと変な音がなってしまいました。

流石に配達に時間掛かるし、ものすごく疲れるので後日別の自転車を買いました。おかげさまでボロチャリよりも体力を使うことなく、スピードも速くなりました。↓

このクロスバイクの場合、ボロチャリと同じ2km走っても足への疲労が少なく早い時間で目的地に到達することができました。

ロードバイクや原付であれば、さらに効率UPが期待でき、より稼ぐことができるでしょう。

稼げなかった理由③:配達場所&時間が良くなかった

時給500円と言いましたが、上記のスクリーンショットはアプリを起動していた時間です。実際に配達した時間は29分です。

初めてだからお試しということもあり、夕方17時半に、Uber Eatsのアプリを使う人があまりいない県の外れの方で待機してしまいました。56分のうち20分ちょっとは仕事が入らない状態で実働は29分。

  • 食事時の時間
  • 人口が密集している都心
  • 宅配を頼む人が住んでいる層が済んでいる場所

など配達する場所・時間を工夫すれば、短時間で沢山の業務を効率的に行うことができます。

※ただし、報酬は状況により異なることをご理解ください。

Uber Eatsは稼げない!?悪い口コミも紹介!?

一方でUber Eats(ウーバーイーツ)は稼げない、という報告もチラホラあります。

あくまで注文が発生しないと報酬にならないため、ユーザーが全く利用していない時間帯や場所では思ったように稼げない場合もあります。

好きな時間でシフトを組め、配送するかどうかも自分で決めることができる、という自由な業務ゆえのデメリットです。

Uber Eatsで効率良く稼ぐ方法

次に実際に私が200回以上配達をして感じたことや、SNSでの凄腕配達パートナーの書き込みから、どうやったら効率的にUber Eatsで稼ぐことができるのかまとめました。

私は「身体を動かすのが好き」という理由で効率をあまり重視していませんが、「俺はとにかくたくさん稼ぎたいんだ!」という方は参考にしてみてください。

稼ぐコツ①スピードが出る乗り物を利用する

効率をあまり意識していない私でも、これだけは改善しました。上述のようなボロチャリでは全然スピードが出ないですし、数キロの配達でバテバテになってしまいました。

「今使っている自転車じゃ全然ダメだ!」と感じたら、分割払いなどでもいいからマシな自転車を買った方が良いです。私も咄嗟に3万円でクロスバイクを買いました。

また「いくら良い自転車でも体力に自信がない」というレベルであれば、原付に変更をすることをおすすめします。

中古屋さんやネットオークション、フリマアプリ、などでは安いと2~3万円で原付を購入することができます。

また、レンタルサイクルを利用するという手もあり、Uber Eats配達パートナーであればドコモシェアサイクルの電動アシスト付き自転車を割引で利用できます。(この方法であれば都市部まで電車で行き現地で自転車レンタルして活動することも可能)

歩合制の配達なので、本気で効率を意識するならば乗り物にもこだわるべきです。

ボロチャリと新しいクロスバイクの2km前後の走行スピードの比較です。右側の新しい自転車の方が速いことから、速い乗り物に乗った方が1件あたりの配達速度をUPさせ、結果時給アップにつながります。

稼ぐコツ②注文が集中するエリアで配達を行う

私が生活をしているエリアはベッドタウンと呼ばれるくらいには人口が多いのですが、その大半が高齢者であるため、スマホをはじめとした電子機器が苦手な方が多いです。そのためUber Eatsの需要があるとは言い切れません。

そのため、2回目からは飲食店がそこそこあり、若い人が住んでいる傾向がある隣のエリアに移動して配達をするようにしました。

せっかく配達する気があっても、需要がないエリアで待機しても仕事は得られません。何回か試して全然配達の依頼が入らないようだったらエリアを変えるべきです。

ブーストが掛かっているエリアで配達を行う

また、需要のあるエリアはブーストと呼ばれる特別報酬の対象にもなります。(↓画像の青色で囲われている部分)

ブーストが掛かっている特別報酬で待機、配達を行えば通常の配達よりも1件あたりの金額がUPします。

稼ぐコツ③場合によってはピックをキャンセルしよう

自分の待機場所から注文を受け取るピック先が明らかに遠い場合はキャンセルするのも1つの手です。何故ならピックは走行距離による報酬が得られないからです。

効率を考えるのであれば、食事の受け取り先のお店はどれくらい近いのかも考えましょう。

ただ、キャンセルしてから次の注文までだいぶ時間が空いてしまうこともあるので、今いるエリアや時間帯が繁忙のタイミングでなければ受けてしまった方が結果的に良い場合もあります。

改善した結果、時給換算で1,000円を超えるように・・・

改善した結果、新宿や池袋などの繁忙都市でない(板橋区・練馬区)でも、時給1,000円は超えるようになりました。ようはやり方次第です。

スキマ時間の運動不足解消も兼ねているので、1,000円~1,300円も稼げて大満足です。

これ以上となると、都市部で、原付やロードバイク、電動アシスト付き自転車(ドコモシェアサイクル)で配達する必要がありますが、そこまでガッツリ稼ぐ意思は今のところありません。

朗報!今後Uber Eatsはさらに稼ぎやすくなる?

日によっては稼げないこともありますが、今後Uber Eatsはますます稼ぎやすくなるようになると思っています。

【Uber Eatsが稼ぎやすくなると思う理由】

  • Uber Eats対応店が増えた
  • タピオカやスムージーなどのメニューにも対応
  • 消費税の観点からテイクアウト需要が増える

Uber Eats対応店が増えた

2016年から日本でスタートしたUber Eatsですが最初は都内150件のレストランしかなかったのですが、今では全国7都市で、3,500以上のレストランが加盟しています。

たった2年で23倍以上も勢いで対応レストランは増えていて、テレビや雑誌での露出も増えて、認知度も上がっています。

今後ますます、Uber Eats需要が増えることでしょう。また地域で言えば都市部以外でもUber Eats対応エリアが増えています。

今はUber Eatsを行っていない地域でも、今後は対応することも期待できます。

タピオカやスムージーなどのメニューにも対応

以前はランチやディナーのメインディッシュのみでしたが、最近はTHE ALLEYのタピオカや、スムージー、たこ焼き、などの軽食メニューの注文もできるようになりました。

スターバックスも店舗こそ少ないですが利用できます。

消費税の観点からテイクアウト需要が増える

2019年10月から消費税が10%になることはご存じかと思います。

店内で飲食すると10%なのですが、テイクアウトや持ち帰り、出前などでは軽減税率の対象になり8%になります。

値段を抑えるためにテイクアウトを利用することが期待できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げない?まとめ

「Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げない」という口コミについて、持論を踏まえながらまとめました。

稼げないケースもありますが、しっかり稼ぐことができます!というのが結論です。

2019年1月現在、Uber Eatsの知名度は向上し「ダイヤモンドZai」などの雑誌にも取り上げられ、全国で1万人以上が利用するようになりました。

初期の頃は「仕事の注文が入らない」ということが多かったです。慣れてきた今もぶっちゃけ今も都市部以外では本業1本にするには心もとない可能性もあります。

ですが、

  • スキマ時間に稼働することができる
  • シフトや細かい人間関係を気にしなくていい
  • そこまで頭を使わないシンプルな業務内容なので、負担になりにくい
  • やった分だけ稼げる

という点で、副業としてやるには全然魅力的で、私も楽しんでいます。

下手なリスクがある投資や怪しいビジネスセミナーに参加するくらいなら、ノーリスクで稼働することができるUber Eatsで副業デビューするのが、資金も特殊なスキルもアイディアもない一般人には合っていると考えます。

Uber Eatsで貯めたお金を趣味に使ってもいいですし、投資に回したり、事業を始めるときの資金の足しにして人生を効率化することができるで、登録していない人はぜひ登録しましょう!

コメント

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で配達の副業を始めよう!

「今月もう少しお金があったら・・・」
「決まったシフトに行くアルバイトがだるい」
「お金は欲しいけどわずらわしい人間関係が嫌だ」

ということならウーバーイーツがおすすめ!

雑誌ダイヤモンドZaiのおすすめ副業特集にも掲載される注目の副業・アルバイトです。

面接などの面倒なことがなく、WEB登録をして配達バッグを受け取ればすぐにスタートできます。

WEB登録は公式サイトからできますので、ぜひチェックしてみてください。

期間限定で今だけ使えるUber Eatsの1,000円OFFクーポン

ins6jf4m

※上記コードをお間違いのない様にそのままコピーしてご利用下さい。

タイトルとURLをコピーしました