Uber Eatsのデリバリーは高い?配達パートナーが解説!

Uber Eatsで注文

タクシーの配車アプリをリリースして世界的に有名になった「Uber(ウーバー)」。そのウーバーが新たに提供した食事配達アプリが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。

世界35か国以上で利用されている人気の配達サービスで日本でも8都市以上で利用されています。

従来の配達サービスと違い、飲食店の従業員が配達を行うのですが、Uber Eatsでは飲食店が用意した食事をウーバーに登録した配達パートナーが届けます。

我々が配達パートナーが必要な時に配達を行うため、人件費の関係で配達対応できない飲食店が宅配対応ができるようになりました。

ちょっと特殊な配達の形態を取っているため、「値段が高い!」という声もチラホラ耳にします。

Uber Eats配達の料金は割高?

距離に応じた配送手数料

以前はどれくらい近くても遠くても一律380円だったのですが、2018年11月から距離に応じた価格に変更になりました。

  新しい配送手数料 以前の配送手数料
かなり近いレストラン 110円 380円
そこそこ近いレストラン 230円
遠いレストラン 420円

ちなみに以前下記記事で注文したスシローは、自宅から230円の配送手数料が掛かりました。

品物が店頭の価格より割高なこともある

恐らく「Uber Eatsが高い」と感じた人のほとんどは配送手数料の金額ではなく、通常お店で注文したりテイクアウトするより品物自体の値段が高いことに不満を頂いているのではないでしょうか?

実際私がUber Eatsで注文したお寿司もテイクアウトの方が数百円ほど安いです。

  • 特上セット8種(2人前)・・・テイクアウト「1,620円」:Uber Eats「2,011円」
  • 定番握りセット8種(2人前)・・・テイクアウト「740円円」:Uber Eats「918円」

(引用元:スシロー)

お店側もウーバーで注文したときに、我々配達パートナーに支払うお金だけでなく、運営のウーバーにも手数料を支払っているので店舗より高くなるのは仕方がないかな・・・という気がします。

すべてのお店を比較したわけではないのですが、割高になるお店もあれば店頭と同じままのお店もあるようです。

「Uber Eats高い」に関する評判・口コミ

「高い」という声もあれば「むしろこの金額で様々な美味しい料理を自宅で待ってれば食べられるのは安い」という声までざっくばらんな印象。

配達する側だけでなく注文もする身としては、「自炊も外出もしたくない時にアプリ1つで簡単に頼めるのだから妥当かな」と思っています。

Uber Eatsの注文やどんな料理が頼めるのかの確認は公式サイトからチェックできます。ぜひ覗いてみてください!

期間限定で今だけ使えるUber Eatsの1,000円OFFクーポン

ins6jf4m

※上記コードをお間違いのない様にそのままコピーしてご利用下さい。

コメント

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で配達の副業を始めよう!

「今月もう少しお金があったら・・・」
「決まったシフトに行くアルバイトがだるい」
「お金は欲しいけどわずらわしい人間関係が嫌だ」

ということならウーバーイーツがおすすめ!

雑誌ダイヤモンドZaiのおすすめ副業特集にも掲載される注目の副業・アルバイトです。

面接などの面倒なことがなく、WEB登録をして配達バッグを受け取ればすぐにスタートできます。

WEB登録は公式サイトからできますので、ぜひチェックしてみてください。

期間限定で今だけ使えるUber Eatsの1,000円OFFクーポン

ins6jf4m

※上記コードをお間違いのない様にそのままコピーしてご利用下さい。

タイトルとURLをコピーしました